生前贈与の活用方法 | 生前対策について | めざき司法書士事務所

生前贈与の活用方法

遺言事項

遺言で決められること

遺言の種類

遺言書のポイント

遺言を残した方が良いケース

 

非課税枠を活用した生前贈与

110万円の基礎控除による非課税枠の活用

贈与税は、誰からどんな贈与を受けようとも基礎控除により、贈与を受けた金額が年間で110万円以内なら贈与税はかかりません。この非課税枠を使って毎年贈与を繰り返すと、それなりの額を移転することが出来ます。

ポイント
注意点

2,000万円の夫婦間贈与の特例による非課税枠の活用

配偶者から居住用の不動産、あるいはこれを購入するための資金を贈与されたときに、最高2,000万円まで贈与税から控除されるのが、配偶者控除です。

ポイント
注意点

2,500万円の相続時精算課税による非課税枠の活用

相続時精算課税の特例は、贈与税の負担を大幅に軽減し、財産の早期移転を促すために設けられた制度で、2,500万円まで非課税で贈与が可能です。

ポイント

相続税時精算課税により贈与された財産は、相続財産に足し戻して計算されますが、足し戻しの金額は相続時の評価額になります。そのため、将来的に相続するものの評価額が、贈与時より相続時のほうが高くなっている場合には、結果として節税できたことになります。

 

親が子や孫の生活費を負担することによる贈与

被相続人である親が、子や孫の生活費を負担すれば、負担しただけ相続財産を減らすことができます。扶養義務者が子や孫の生活費を負担しても、常識の範囲であれば贈与とはみなされず、非課税です。

生活費としてみなされるもの

ポイント

生活費とみなされるためには、毎月決めた額を渡すよりは、必要な都度現金で渡すのがポイントです。

 

祖父母が孫などの教育費を負担することによる贈与

扶養義務者が孫などの教育費を負担すれば、負担しただけ相続財産を減らすことができます。常識の範囲であれば非課税です。

教育費としてみなされるもの

ポイント

まとめて渡さずに必要な都度、現金で渡すほうが良い。

 

生命保険料相当額を子に贈与する

特定の条件下であれば、保険金がおりた場合に、贈与資金を元に子が保険料を払っていたため、保険金は子自身がかけていた保険がおりただけで、そこに対してはかけた保険料を上回る部分についてのみ、一時所得として課税されるだけになります。

条件

注意点

 

冠婚葬祭費用を支出することによる贈与

結婚式のお祝いや香典など、冠婚葬祭の費用は贈与にあたりますが、贈与税は非課税です。ただし、常識の範囲を超え、必要以上に多額に与えたばあいには、贈与税が課税される恐れがあります。

その他の冠婚葬祭に関係した対策

墓地、墓石、仏壇などは、相続税がかかりません。購入して費用の分だけ相続税を減らすことができます。

ポイント

相続の流れ

遺言書

生前対策

相続登記

  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
  • 携帯からもサイト情報をご覧いただけます。
サイトマップ
サイトマップ

相続登記(家・土地など不動産の名義変更)をするには、亡くなった人の「死亡時から出生時まで遡る全ての戸籍」を集めなければなりませんが、出生から死亡まで全てが記載されている戸籍というのは稀で、転籍・分家・養子縁組・婚姻などにより、何回も別の市区町村に本籍を移動しているという場合が少なくありません。この場合、過去に本籍を置いていた全ての役所で、戸籍を収集する作業が必要となります。また、古い戸籍には旧字・旧かななど、普段あまり目にすることのない文字の記載も多く、手書きのものも多いため、内容を読み取ることは大変です。当初、ご自身で戸籍を集めていたが、大変な作業であることが分かり、あらためて当事務所にご依頼をいただく方もいらっしゃいます。 めざき司法書士事務所では、戸籍等証明書の収集・遺産分割協議書の作成など、相続登記(家・土地など不動産の名義変更)の申請に必要となるもろもろの手続きをトータルでお手伝いさせていただきます。

所在地情報
〒135-0016 東京都江東区東陽 3-28-9 山屋東陽ハイツ5F 501号室 めざき司法書士事務所へのアクセス

相続のご相談はこちら。お電話orクリック